花想容のマーキュリー製薬

オンラインショップ    

0120-363-364
(9:00~17:00、土日祝日を除く)

春は自律神経が乱れやすい季節?!春の体調不良を整え方をご紹介

季節の変わり目や春になると体がだるい・昼間眠気がとれない・理由もなく気分が落ち込むといった不調を感じることはありませんか?

実はこれらは自律神経の乱れが原因かもしれません。


今回の記事では

春に自律神経のバランスが乱れやすい理由と、自律神経を整えるためのおすすめの方法をご紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。


春の不調は自律神経の乱れが原因かも

4235985_s (1枚目)
自律神経とは、交感神経と副交感神経からなる体の機能や健康を支えている神経です。
通常、昼間の活動中は交感神経が、睡眠時のリラックス状態では副交感神経が順番に切り替わりながら働いています。


しかし、体にストレスや負荷がかかることで自律神経のバランスが崩れ、不調となって体に表れてしまうんです

春はとくに自律神経が乱れやすい季節といわれており、おもに以下のような理由が挙げられます


・朝昼の寒暖差
・激しい気圧変動
・日照時間の変化
・生活環境や人間関係の変化

春は寒暖差や気圧の変化が大きく、日照時間も変化する時期です季節の変わり目という過酷な状況に負けないよう、体内では交感神経が強く働いて私達の健康を守ろうとします


すると、いつもよりも長く緊張状態が続くことになった体には、多くのストレスがかかることに夜に働く副交感神経へうまく切り替えることができず、自律神経が乱れてしまうのです。


また、春は異動や引っ越しなどライフスタイルの変化が多い季節でもあり、自分では気づかないうちにストレスを感じている場合もこのような周囲の環境も、自律神経の乱れを引き起こす原因となっています。

春に多い体調不良って?

4494250_s (2枚目)
私達の体を常に調節し支えてくれている自律神経ですが、重要な働きをしている自律神経が乱れると、体のあらゆる部分に不調が表れます。

ここでは、春に生じやすい代表的な自律神経の乱れによる不調をいくつかご紹介します




・体のだるさ
体のだるさや重さは、自律神経の乱れが引き起こす不調の代表例です。


新年度の仕事の忙しさなどで生活リズムが崩れると、強いストレスによって交感神経が優位な状態が続き、脳がリラックスできず体に疲労感が溜まり、「だるさ」として肉体面に表れるのです。


体のだるさは「休んでほしい」という脳からのサインなので、十分な休息をとる必要があります




・気分の憂鬱
自律神経のバランスと感情のつながりは密接ですやる気が起きない・とくに理由はないのに不安を強く感じるといった憂鬱感も、自律神経の乱れが関係しています。


春の気候や生活の変化が与える慢性的なストレスは、交感神経を優位に働かせるので、好きなことをして気分転換をするなど、リラックスできる時間をつくることを心がけましょう




・肩こり・腰痛
肉体的な疲労によるものというイメージがある肩こりや腰痛も、自律神経の乱れによって起きている場合があります。


自律神経は全身の血管周辺に存在しており、春特有のストレスによって交感神経が常に優位になると、血管がギュッと収縮され続ける状態に血行が悪くなることで筋肉がこわばり、肩こりや腰痛へとつながってしまうのです。

乱れた自律神経を整えよう!

4211078_s

自律神経は自力で働きをコントロールすることはできません。しかし、毎日の心がけしだいで自律神経のバランスを整え、体の不調を改善することができます。



  • ・質の高い睡眠をとる

良質な睡眠を十分にとると、心身ともにリラックスして副交感神経を優位に働かせることができます。

以下のポイントを意識して、睡眠の質を高めましょう。


  • ・食事は就寝の3時間前までにすませる
  • ・39℃~40℃ほどのぬるめのお湯で入浴する
  • ・就寝前のスマートフォンやパソコンの使用を控える
  • ・間接照明でリラックスした空間を演出する


寝る直前の食事やシャワーのみでの入浴は、睡眠の質の低下につながるので注意が必要です。

また、スマートフォンなどの機器から出るブルーライトは、脳を刺激して目を冴えさせてしまいます。メールやネットから受けとるさまざまな情報が、ストレスの原因となる恐れもあるので、就寝前はスマートフォンの使用を控え、心地よく眠りにつけるようにしましょう。



  • ・バランスの良い食事

偏った食生活をおくっていては、自律神経は整いません。

栄養バランスのとれた食事を、朝昼晩3食しっかりとることを心がけましょう。とに、日常生活で不足しがちなビタミンやミネラルといった栄養素を積極的にとり入れることが大切です。


また、運動不足の筋肉が硬くなってしまった体は血行不良になり、自律神経の乱れを加速させてしまいます。

気分転換やストレス発散のためにも、適度な運動をする習慣をつけましょう。運動は、ウォーキングやヨガといった無理なく続けやすいものがおすすめです。



  • ・太陽の光を浴びる

起床後に15~20分ほどの太陽の光を浴びることも、自律神経を整える効果的な方法です。


睡眠中、体内では副交感神経が働いていますが、太陽の光を浴びると交感神経へスイッチが切り替わり、脳や体が心地よく目覚められるのです。


さらに、太陽の光はセロトニンという精神を安定させる物質の分泌を促すともいわれています。脳内でセロトニンが不足すると、ストレスを感じやすくなってしまうので、適度に日光を浴びることを意識してみましょう。


まとめ

春ならではの気候や生活の変化は、自分の力でコントロールすることが難しい問題です。
周囲のさまざまなストレスに負けないためには、オンオフの切り替えを上手に行い、自律神経のバランスを保てるように意識する必要があります。


今回ご紹介した自律神経を整える方法を参考にして、元気で快適な毎日をおくりましょう。
information

2021.1.26

-バレンタインギフトキャンペーン-

下記の期間中、ラッピング費用が無料になります。

1月26日(火)~2月14日(日)

バレンタインのギフトに、ぜひ花想容のプレゼントをご検討ください。

ショッピングカート
Copyright ©花想容の『マーキュリー製薬オンラインショップ』 All Rights Reserved.