花想容のマーキュリー製薬

オンラインショップ    

0120-363-364
(9:00~17:00、土日祝日を除く)

ブルーライトが肌や健康に与える影響って?

パソコンやスマートフォンの普及で、よく耳にするようになったブルーライト。紫外線が美容の大敵であることは知られていますが、ブルーライトが私達に与える影響をご存じですか?

まだまだ知られていないことの多いブルーライトですが、今回の記事ではブルーライトが私達の与える影響ブルーライトの対策法をご紹介しています。

ぜひ最後までお読みください。


ブルーライトとは?

1162626_s


ブルーライトとはパソコンやスマートフォン、テレビ画面などから発せられる可視光線という光の一種です。日本語では青色光と呼ばれ、その名の通り青色の光の波長を含んでいます。


人が見ることのできる光の波長のことを可視光線と呼び、波長の長さの違いにより、私達は色の見え方が変わります。私達が色を見ることができる可視光線の波長は380nm~780nmとなっており、380㎚以下の波長や780㎚以上の波長は私達の目には見ることができません。この見えない波長の380㎚以下を紫外線780㎚以上を赤外線と呼んでいます。


紫外線が私達に与える影響はよく知られており、毎年春~夏にかけて紫外線対策やUVカットなどが定番化しています。ブルーライトの波長は380㎚~500㎚で紫外線ととても近い波長をもっているので、エネルギーも強く、私達に与える影響が大きいとされています。

ブルーライトはスマートフォンやパソコン、テレビ画面などから発せられる他に、太陽の光にも多く含まれており、まだまだ解明されていない部分も多いです


ブルーライトが私達に与える影響


4069757_s

ブルーライトが私達に与える影響を見てみましょう。


  • ・目

人の目にブルーライトが与える影響は、まだまだ解明されていない部分も多いのですが、眼精疲労に影響を与えるとされています。

ブルーライトの光が大気中のチリやホコリなどで分散され、光のちらつきが起こり、目が疲労し眼精疲労を引き起こすとされていたり、眼精疲労が脳に影響を与え頭痛や視力低下の一因にもなるとされています。


  • ・肌

紫外線はエネルギーが強く私達の肌に影響を与えるように、紫外線に近い波長をもったブルーライトにも紫外線と似た性質があり、特にUVAに近い性質があります。

UVAは肌の奥まで入り込み、真皮層にまで到達します。真皮層には肌の弾力に関わるコラーゲンやヒアルロン酸、そしてそれらを生成する線維芽細胞が存在しますが、ブルーライトはこれらに影響を与えると言われています。

肌の弾力を低下させシワやタルミなど肌の老化の原因となるほか、色素沈着を引き起こすともいわれており、シミやくすみの原因にもなります。


  • ・睡眠

ブルーライトは睡眠にも影響を与えるとされています。私達の体の中では、夜にはメラトニンというホルモンが分泌され睡眠を促し、日中はセロトニンというホルモンが分泌され、私達を活動的にさせています。メラトニンとセロトニンのバランスが保たれることにより、私達の体内時計を保っていますが、ブルーライトを夜に多く浴びると、眠気を誘うメラトニンの分泌は抑制されてしまい、体内時計が乱れ、寝つきが悪くなり眠りが浅くなるなど睡眠不足を招き、美容にも影響を与えます

ブルーライトを防ごう!ブルーライト対策をご紹介


4073159_s

スマートフォンやパソコンなど、ブルーライトを発する電子機器を使わないのが理想的ですが、避けることが出来ないのが現状ですブルーライト対策を取り入れて、美容や健康を維持しましょう。


  • ・ブルーライト対策の眼鏡を使用する

スマートフォンやパソコンの画面と長時間見る方には、目を守るためにブルーライトカット眼鏡がおすすめです。ブルーライトカット眼鏡には、ブルーライトのカット率の高い、ブルーライトを吸収するレンズや、レンズカラーもクリアで使用しやすいブルーライトを反射するレンズタイプがあります。
また、ブルーライトカット専用の眼鏡から、UVカットや通常の視力調整するために眼鏡を一緒になった高機能のものまで、たくさんの種類がありますので、自分の生活習慣にあわせてピッタリのものを選びましょう。


  • ・画面フィルムやアプリを利用する

パソコンやスマートフォンの画面に直接ブルーライトをカットできるフィルムを貼るのもよいでしょう。スマートフォンでは、画面割れを防ぐと同時にブルーライトもカットできるなど、たくさんの種類が販売されています。

また、スマートフォンやパソコンにブルーライトカット機能が搭載されていたり、ブルーライトを軽減するアプリもダウンロードすることができますので、利用してみましょう。



  • ・日焼け止めを使用する

ブルーライトカット専用の化粧下地や日焼け止めも発売されていますが、まだまだ種類も少なく手に入りにくいのが現状です。

そんな時は、気軽に手に入りやすい紫外線用の日焼け止めを使いましょう。
ブルーライトは紫外線に似た性質を持っているので、紫外線用の日焼け止めで代用ができます。

日焼け止めは外出時をメインに塗ることが多かったと思いますが、パソコンやスマートフォンを使用する時は室内でも日焼け止めを塗ることで、ブルーライトカット対策になります日焼け止めのSPFは20~30のものを選びましょう。




花想容は

ブルーライトでダメージを受けた肌にも100%植物由来成分植物の力でたっぷり栄養を与えます。
ヒアルロン酸の5倍の保湿力のある植物性保湿成分のサクランで、乾燥対策にもピッタリですよ。

information

2021.1.26

-バレンタインギフトキャンペーン-

下記の期間中、ラッピング費用が無料になります。

1月26日(火)~2月14日(日)

バレンタインのギフトに、ぜひ花想容のプレゼントをご検討ください。

ショッピングカート
Copyright ©花想容の『マーキュリー製薬オンラインショップ』 All Rights Reserved.