花想容のマーキュリー製薬

オンラインショップ    

0120-363-364
(9:00~17:00、土日祝日を除く)

秋の体調不良、秋バテって知っていますか?

秋になって気候も過ごしやすくなってきた今日この頃。でも、なんとなく体調がすぐれない、まだまだ夏バテのように体がだるいとお悩みではないですか。

そのお悩み、秋特有の体調不良秋バテかもしれません。


この記事では 夏が終わってもなんとなく体調が優れない・いつも季節の変わり目に体調を崩しやすいとお悩みの方へ、秋の体調不良“秋バテ”についてをご紹介しています。

ぜひ最後までお読みいただき、参考にしてください。


秋バテって?

3902082_s

夏バテならぬ秋バテという言葉をご存じですが。夏に起きる体調不良を夏バテと呼ぶように、秋特有の体調不良のことを近年では“秋バテ”とも呼んでいます。

季節の変わり目、特に秋は気温が涼しくなるため体調不良を起こしやすくなるのですが、猛暑の夏のダメージも重なり近年では秋に体調不良を訴える方が増えています。


夏の暑さも和らぎ気候も涼しくなっているけれど、体がだるい・疲れやすいなど体調不良が続く場合、それは秋バテかもしれません。



秋バテってどんな症状?


秋の体調不良である秋バテの代表的な症状

  • ・なんとなく体調が優れない
  • ・倦怠感が続く
  • ・やる気が起こらない
など、原因のわからない心身の不調で悩まされている方が多いです

また
  • ・肩こりや頭痛
  • ・めまいや立ちくらみ
  • ・風邪をひきやすい・治りにくい  
のような具体的な体調不良としてあらわれることも


病院に行くほどではないけれど、疲れやすくなったり、体がだるかったり、なんとなく心や体調が優れなかったりと、秋バテので悩んでいる方はとても多いです

なぜ秋に体調を崩しやすくなるの?


3487342_s


秋に体調を崩しやすくなる理由に、夏の暑さや湿度、日差しのダメージなど、夏のダメージを秋まで引きずっていることがあげられます。
夏の疲れは遅れて出てくることが多く、秋になり気候が涼しくなったころに自覚していなかった夏の疲れが一気に出てしまうんです。


また、夏場は暑さで食欲が減ってしまうため、気づかぬうちに栄養不足にもなってしまっている方も。夏の冷たい食事で胃腸へのダメージも加わり、思いのほか胃腸も疲れており、消化吸収も上手くいきません。

栄養不足や体力の低下から免疫力も低下し、
気温が低くなり空気が乾燥してくる秋の時期に、鼻やのどの粘膜も弱くなることも加わることで、季節の変わり目に風邪をひきやすい・風邪が治りにくいということが起こります。


また、秋は朝晩の気温差が大きくなり、急激な気温の変化に体がついていけず、自律神経のバランスも乱れ、体調を崩す原因にも。

秋は日中気温が上がりまだまだ暑い日も多いため、日中の気温に合わせ薄着で過ごし、朝晩は肌寒いと感じることも多いかと思います。しかし、その気温差を体が頑張って体温調節しようとするので、大きな負荷となっています。

秋の外出時には、カーディガンなど羽織るもので体温調節できるようにすることで、体への負担を減らすことができます。


そして、秋から冬にかけては太陽の日照時間が減少してしまいます。私達は太陽の光を浴びることで、体内のリズムを整えており、日中はセロトニンというホルモンを分泌を促し脳を活動的にさせ、夜はセロトニンというホルモンが分泌させることによって、眠気を誘い睡眠のリズムを整える働きを持っています。


秋になり日照時間が減少してくることで、体内のバランスを整えているセロトニンとメラトニンの分泌量も減ってしまい、バランスが取りにくく脳の活動も低下、倦怠感や眠気などを感じやすくなります。



季節の変わり目を乗り切るために


3671456_s

秋バテを解消し、季節の変わり目を乗り越えるためのポイントをご紹介します。


  • ・体を冷やさない


体を冷やさないための工夫として、夏と同じパジャマや寝具はNGです。秋は朝晩の気温がぐっと下がるので、夏と同じ寝具を使用していては、寝ている間の体温調節ができず、風邪をひく原因にも。パジャマや毛布など、寝具は秋用に切り替えましょう。


また、秋になった今でも、冷たい飲み物を飲んでいませんか。夏は気温が暑いので冷たい飲み物や食べ物が多くなっていましたが、秋になり気温も涼しくなってきたので、体を温める温かい飲み物に切り替えましょう。


白湯を取り入れたり、お茶も温かいものも楽しみましょう。寝る前のホットミルクも体が温まり、リラックスできるので睡眠の質も上がりますよ。



  • ・太陽の光を浴びる


太陽の光は睡眠のバランスを整えます。睡眠は夜になるとメラトニンというホルモンを、日中にはセロトニンというホルモンを分泌させ、夜は眠くなり、朝目覚め日中活動的になるという体内のバランスを取っています。 しかし、秋から冬は日照時間が減ってしまうので、十分に太陽の光を浴びる時間を確保できず、メラトニンとセロトニンのバランスが崩れてしまい、体内のバランスを崩してしまいがちです。

秋から冬の時期は、意識的に日光浴を行いましょう。特に朝起床直後に太陽の光を浴びることで、体内時計のバランスがリセットされ、体を切り替えてくれるのでおすすめです。



  • ・栄養バランスの取れた食事

夏の冷えが残った体へは、しっかり栄養と体を温める食事を取りましょう。秋に特におすすめの食事はスープです。温かいスープは夏に冷え固まった体を胃腸から温めてくれるほか、消化吸収も良いので、弱った胃腸にも負担になりません。

また、スープとして野菜を調理することで、たくさんの量の野菜を摂ることもできます。秋から冬にかけては、生野菜のサラダだと、体が冷えてしまうので、スープなど温かい調理法で野菜を取ることをおすすめします。


秋は体調だけではなく、肌のバランスも崩しやすい季節です。
花想容植物由来成分100%の天然スキンケアで、、秋にバランスを崩した肌を優しくいたわり 美しく健康的な肌へと導きます。


information

2021.1.26

-バレンタインギフトキャンペーン-

下記の期間中、ラッピング費用が無料になります。

1月26日(火)~2月14日(日)

バレンタインのギフトに、ぜひ花想容のプレゼントをご検討ください。

ショッピングカート
Copyright ©花想容の『マーキュリー製薬オンラインショップ』 All Rights Reserved.