花想容のマーキュリー製薬

オンラインショップ    

0120-363-364
(9:00~17:00、土日祝日を除く)

マスクによる肌荒れでお困りの方へ。予防法と対処法をご紹介!

新型コロナウイルスの流行で、最近はマスクをして過ごす時間が多くなりましたね。今では習慣となっているマスクですが、マスクをすることで暑さや息苦しさを感じている方も多いです。

そして、マスクはその暑さや息苦しさだけではなく、私達の肌にもダメージを与えています。


今回の記事では マスクによる肌荒れでお悩みの方に向けて、マスクで肌が荒れてしまう原因マスクでの肌荒れを防ぐ為の予防策やスキンケアをご紹介します。

マスクが習慣化した今、肌やスキンケアとどのように向き合っていけばよいのでしょうか?
ぜひ最後までお読み頂き、参考にして下さい


その肌荒れマスクのせいかも

8678_s
新しい生活様式の中、マスクが原因の肌荒れでお悩みの方は急激に増えています。


特に

  • ・肌がかゆくなった

  • ・ニキビや湿疹が増えた

  • ・赤みやヒリツキがある


このような肌荒れでお悩みの方が増えており、今まで例年になかったマスクの習慣化が原因となっている場合が多いです。

女性の約半数はマスクによる肌荒れに悩まされていると言われており、マスクの習慣化に合わせた今までとは違うスキンケアが必要となってきています。



マスクの肌荒れの原因って?


119611

マスクによる肌荒れを引き起こしている代表的な3つの原因をご紹介します。


  • ・湿度

マスクの中は息や汗、体温がこもり蒸れ、サウナのような状態です。一見、マスクの中の湿度が高いと、肌が潤ってよさそうと思われるかもしれませんが、肌に適した湿度というのは50%~60%だと言われています。

そして、マスクの中の湿度はというと約80%にもなり、お風呂上りと同じような状態です。

お風呂上がりの肌というのは、肌の角質層がふやけた状態であり、肌を守るバリア機能が低下しています。肌の水分量も低下しやすく、摩擦や刺激に弱くなっています。


また、マスクの着脱は肌の潤いを急激に変化させます。マスク着用時の湿度が高い状態から、マスクを外すと一気に水分が蒸発、肌は乾燥します。マスクの着用で肌のバリア機能が低下しているときに、1日に何度もマスクの着脱が繰り返すと、マスクの中の湿度は大きく変化し、肌には大きな負担でしかありません。



  • ・摩擦 

私達は会話をするとき、口の周りの筋肉を使うので、マスクを装着したままの会話では、口の周りの筋肉が動くと同時に、マスクも動き、マスクと肌が接する部分に摩擦が加わります。マスクの中は湿度が上がり、肌がふやけて弱くなっている上に、摩擦が加わることで、肌に赤みやヒリツキ、かゆみが出やすくなります。マスクを着用する時間が長時間になると、やはり肌への負荷がかかる時間も長くなります。

 

  • ・菌の繁殖

マスクの中は湿度が高く、蒸れた状態であり、さらに汗や皮脂の分泌も加わり、雑菌も繁殖しやいです。
ただでさえ肌のバリア機能が低下している状態で、摩擦も加わり、さらには雑菌まで繁殖するとニキビの原因となったり、肌荒れも加速してしまいます。


マスクによる肌荒れを防ぐ対策


105765


マスクが生活の中で習慣化した今、スキンケアも新しい生活様式に合わせて見直すべきかもしれません。今すぐ簡単にできる対策をご紹介します。


  • ・マスクの素材

まず意識して頂きたいのが、マスクの素材です。不織布のマスク素材より、ガーゼや布のマスク素材の方が、通気性や肌触りもよいので、肌に優しいです。

また、耳のゴムの部分もきついと擦れて、赤みや湿疹の原因となります。耳のゴムもきつくなく、調整できるものを選びましょう。そして、マスクはこまめに交換や洗濯し、清潔に保つことが大切です。


  • ・摩擦を防ぐ

マスクのサイズは、小さすぎるときつく感じたり、大きすぎても摩擦が生じます。マスクは自分の顔の大きさや形にあった、フィットするサイズや形状のものを選びましょう。

また、マスクを外す際にあごの辺りまで上下にマスクをずらして外していませんか?マスクをずらして外す行為は、肌に摩擦を与え、負担がかかります。マスクを外す際には、耳元のゴムから外すようにすると、摩擦の回数も減り、肌への負担が減らせますよ。


  • ・保湿

マスクの中は蒸れた状態になり、湿度が高くなります。湿度でふやけた肌で、1日に何度もつけたり外したりすることで、肌の水分を守るバリア機能も低下し、肌の水分は逃げ、肌は思いのほか乾燥しています。

スキンケアの際には、今まで以上に保湿を心がけ、念入りに肌のケアを行いましょう。

  • ・保湿成分の配合された化粧品
  • ・化粧水や美容液をたっぷり塗る

など、心がけてみて下さい。



  • ・スキンケア

マスクの中の湿度や摩擦、汗や皮脂での雑菌の繁殖で、今まで以上に肌は敏感になっています。マスクが習慣化したこの機会に、マスクをする肌に適したスキンケアに見直してみましょう。


  • ・植物由来や無添加化粧品など、肌に刺激の少ない成分を使った化粧品を使用する。
  • ・シートタイプのクレンジングや、化粧水を塗布する際に使用するコットンは弱って敏感になった肌には刺激となる  ので、手で優しく行う。
  • ・洗顔はしっかり泡立てたっぷりの泡で洗う、ゴシゴシ洗わない。

花想容は

100%植物由来成分でできており、ヒアルロン酸の5倍の保湿成分をもつサクランも配合。

マスクの肌荒れでお悩みの方にも安心してご使用いただけます。

information

2021.1.26

-バレンタインギフトキャンペーン-

下記の期間中、ラッピング費用が無料になります。

1月26日(火)~2月14日(日)

バレンタインのギフトに、ぜひ花想容のプレゼントをご検討ください。

ショッピングカート
Copyright ©花想容の『マーキュリー製薬オンラインショップ』 All Rights Reserved.