花想容のマーキュリー製薬

オンラインショップ    

0120-363-364
(9:00~17:00、土日祝日を除く)

秋の肌荒れは夏のダメージからやってくる!夏のダメージ肌をリセットしよう

秋になって気候も過ごしやすくなり、スキンケアの手を抜いてしまっていませんか?

実は夏に浴びた紫外線の肌ダメージは、ゆっくりと遅れて出てきます。そのせいで、秋になると肌のゴワツキやくすみ、肌荒れや乾燥など肌トラブルに悩まされる方は多いです。


今回の記事では

夏のダメージが秋に遅れて出てくる理由夏の肌ダメージをリセットする秋におすすめのスキンケアをご紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。


夏の肌ダメージは秋まで続く!肌ダメージが遅れてくる理由

1661330_s

紫外線はもちろん、汗や高温多湿な環境、エアコンによる乾燥など、夏は肌にダメージを与える要因がたくさんそろっています。そして、夏の肌ダメージはたくさんの要因が複雑に絡み合うことによって引き起こされ、そして蓄積していきます。


夏の肌ダメージは私達が気づきにくい肌の内側で起こっているものも多いです。秋になり気温も低く空気が乾燥してくることで、夏には表面に現れることがなかった肌の内側に蓄積したダメージは、ゴワツキやくすみ、肌荒れや乾燥として現れることとなります。


肌に蓄積した夏のダメージは、しっかりケアをしないと慢性的な乾燥や肌荒れにも繋がってきてしまいます。



夏のダメージが蓄積した肌って?


健康的な肌はターンオーバーにて新陳代謝を繰り返し、どんどん生まれ変わっています。しかし、夏のダメージを受けた肌は


  • ・乾燥
  • ・古い角質が溜まり、ごわつく
  • ・くすみ
  • ・透明感が失われ、肌色が暗くなる

などの肌トラブルが現れます。


これらの肌トラブルは肌にダメージが蓄積し、内側にまでダメージが及び、ターンオーバーが乱れてしまっていることが原因です。

秋には夏のダメージが蓄積した肌をリセットする、今までとは違うスキンケアが必要になってきます。


夏のダメージケアに保湿ケアは必須!


2665731_s

蓄積した肌ダメージの改善には、保湿ケアは必須です。

夏は汗や皮脂のべたつき、湿度も高く肌の乾燥を感じにくいです。しかし、紫外線によるダメージやエアコンの乾燥などで、夏の肌でもかなり乾燥は進んでおり、表面はべたつくのに肌の内側はカサカサに乾燥している“インナードライ肌”になっていることが多いです。

インナードライ肌とは、肌の内側が水分不足で乾燥することで起こり、自覚しにくいのが特徴です。

そして、秋になり気温や湿度も低下、空気も乾燥してくると、肌の内側の乾燥であるインナードライは一気に表面化、かさつきやゴワツキ、乾燥を感じるようになります。

乾燥はさまざまな肌トラブルを引き起こす原因となるので、夏のダメージが蓄積した肌をリセットし、空気の乾燥する冬の季節をむかえるためにも保湿ケアは欠かせません。



夏のダメージを回復させる秋におすすめスキンケア


1241409_s
夏の肌ダメージをリセットするには、夏場とは違うよりスキンケアが必要です。
秋に必要となるスキンケアのポイントをご紹介します。


  • ・保湿ケア

夏は肌の乾燥を感じにくく、インナードライ肌になりやすいので、乾燥対策に保湿ケアが必須なことはお伝えしました。


実際の保湿ケアには

・水分を与えるケア

・水分の蒸発を防ぐケア

の二種類があり、どちらも必要です。


・水分を与えるケア

化粧水で十分な水分を与えます。特に秋からの保湿ケアには夏用のさっぱりタイプの化粧品より、保湿成分の配合された保湿効果の高い化粧品を選びましょう。肌に化粧水を塗布する際には、化粧水を何度も重ね付けして、しっかり吸収させてあげることもポイントです。手のひら全体で肌を包み込み、プレスするようになじませると、より浸透がよくなります。


・水分の蒸発を防ぐケア

たっぷり水分を与えた後の肌は、乳液やクリームなどで水分を閉じ込めましょう。乳液やクリームにて蓋をすることで、うるおいを閉じ込める働きがあります。保湿成分や油分が多く含まれているものが、水分を閉じ込める効果が高く、おすすめです。


また、朝・晩のスキンケア時以外にも特に肌が乾燥するときには日中でもミストで肌を潤してあげましょう。




角質ケア

夏のダメージで肌のターンオーバーが乱れ、角質が厚く硬くなるので角質ケアも取り入れて行きましょう。しかし、ダメージを受けている肌へ、硬くなった角質を取り除くピーリングやスクラブケアは、肌への刺激が強いので要注意。
ピーリングやスクラブケアを選ぶ際には、肌への刺激が少ないマイルドなものを選ぶようにしましょう。


また、肌のターンオーバーを促進、古い角質と新しい角質が上手く入れ替われるようにターンオーバーの乱れを改善・促進するケアで肌を整えていくことができます。肌の新陳代謝を促していくアンチエイジング成分が含まれている化粧品を使うことで、夏に乱れたターンオーバーを整え、硬くなった角質のゴワツキやくすみ、肌荒れや乾燥の改善、アンチエイジングにも役立ちます。


美白ケア

ターンオーバーが乱れると、本来排出されるはずだったシミのもとになるメラニンも蓄積しやすくシミの原因となります。

また、秋でも夏の40%~70%の紫外線が降り注いでおり、夏のダメージを受けた肌は紫外線のダメージを受けやすいので、秋になったからと油断せず、日焼け止めや日傘などで紫外線防止を心がけましょう。

information

2021.1.26

-バレンタインギフトキャンペーン-

下記の期間中、ラッピング費用が無料になります。

1月26日(火)~2月14日(日)

バレンタインのギフトに、ぜひ花想容のプレゼントをご検討ください。

ショッピングカート
Copyright ©花想容の『マーキュリー製薬オンラインショップ』 All Rights Reserved.