花想容のマーキュリー製薬

オンラインショップ    

0120-363-364
(9:00~17:00、土日祝日を除く)

油断大敵!夏の乾燥肌・インナードライの原因と夏のスキンケア法とは?

乾燥肌は冬の肌トラブルだと思っていませんか?

実は夏でも肌は乾燥するんです。

日本の夏は湿度が高いので、肌の乾燥を感じにくいです。
そのため、冬に比べると肌のお手入れが手薄になり、気づかぬうちに肌の内側では乾燥が進んでいます。



夏の乾燥肌は

  • ・シミやシワ

  • ・たるみ

  • ・肌荒れ   など


さまざまな肌トラブルに繋がります。


この記事では、夏の乾燥肌やインナードライについてご紹介しています。

夏の乾燥肌の原因やスキンケア方法も紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。


夏でも肌は乾燥するの?肌のインナードライとは

2642856_ss

乾燥肌って、どんな肌を思い浮かべますか?


  • ・肌表面がカサカサ
  • ・粉が吹いている
  • ・肌のつっぱり


このような肌の状態を思い浮かべる方も多いはず。


実はこれは冬の乾燥肌なんです。


冬に比べ、夏は汗や皮脂で肌がベタつきやすいので、自分が乾燥肌だと実感する方は少ないです。



夏の乾燥肌は、わかりにくい・自覚しにくいのが特徴で

  • ・肌のキメが乱れて、毛穴が開いている
  • ・皮脂は多くべたつくけど、肌はつっぱる
  • ・洗顔しても肌のべたつきが気になる

このようなお悩みがある方は、夏の乾燥肌かもしれません。



夏の乾燥肌は、肌の表面は汗や皮脂でべたつくのに、内側は水分不足に陥っています。

そのため、夏の乾燥肌はインナードライとも呼ばれています。


夏の乾燥肌を招く五大原因


1615331_s

人間は身体が暑くなると汗を出し、身体を冷やします。実は身体を冷やすためにかく汗をですが、汗をかくと肌を保湿している成分が汗とともに流れ出てしまうんです。
そして、その汗を何度もふき取ることで摩擦を与え、知らぬうちに肌にダメージとなり乾燥を招いています。
汗をかくことは人間の自然な反応なので、汗をかいたらしっかり保湿ケアを行い、潤いを補いましょう。


  • 紫外線

紫外線を浴びて日焼けをすると、肌に炎症が生じ水分が蒸発しますので、乾燥を招きます。
また、紫外線は肌の潤いや外部の刺激から肌を守る“バリア機能”を低下させます。そのため、肌は水分が蒸発しやすく、外部の刺激にも弱くなり、様々な肌トラブルを起こしやすくなります。


  • 間違ったスキンケア

暑さで肌がべトつくからといって、朝晩のスキンケアを化粧水や美容液だけで終わらせていませんか。
化粧水で水分を、美容液で栄養を与えた後は、乳液やクリームにて潤いが逃げないように閉じ込めなければなりません。

潤いを閉じこめてあげないと、せっかく与えた潤いはどんどん逃げていき、乾燥を招いてしまいます。


  • エアコン

エアコンの空調は室内の湿度を低下させます。
特にオフィスのエアコンの空調は、長時間のつけっぱなしやエアコンの風が直接あたってしまったりなど、夏に限らず肌の乾燥を招く原因となります。



  • 栄養不足

夏は食欲が落ちるので、あっさりした食事が多くなったり、アイスクリームやジュースなど、身体を冷やす食べ物や飲み物が多くなります。
あっさりした食事は栄養が偏りやすいので、栄養不足を招きやすく、肌荒れの原因となることも。
冷たい食べ物は身体を冷やすので体内の血行が悪くなり、血行不良から乾燥を招きやすいです。

今すぐできる!夏の乾燥肌対策スキンケア


3325677_s

夏に合わせたスキンケアを正しく行うことで、夏の乾燥肌やインナードライを改善しましょう。


  • 洗顔

夏は肌のべたつきが気になりますが、1日に何度も必要以上に洗顔をしてしまうと、肌に必要な潤いや皮脂まで落としてしまいます。
肌は必要な皮脂を取りすぎると、取りすぎた皮脂を補おうと、さらに皮脂を分泌してしまいますので、テカリやべたつきが気になる方には悪循環となってしまうんです。

洗顔は多くても夜と朝の2回まで、洗顔料は余分や汚れを取り除きながらも、肌に必要な皮脂や潤いは残してくれるタイプの洗顔料がおすすめです。


  • 保湿

水分不足のインナードライ肌は、保湿ケアが大切です。

化粧水や美容液は保湿効果の高いものをたっぷりと与えましょう。
夏は肌のべたつきが嫌で、化粧水や美容液の量を少なくする方もいますが、肌に潤いが足りていないと、肌は潤い不足を補うためにもどんどん皮脂を分泌させますので、テカリやべたつきを招いてしまいます。
夏でも冬と同じく、化粧水や美容液をたっぷりとのせ保湿しましょう。


  • 乳液やクリーム

化粧水や美容液を乗せたあとは、潤いを逃さないように乳液やクリームで蓋をしましょう!
テカリやべたつきが気になるという理由で、夏は乳液やクリームをしないという方もいらっしゃいます。しかし、せっかく化粧水や美容液でうるおいをたくさん与えても、乳液やクリームで蓋をしないと、どんどんうるおいが逃げていってしまいます。
どうしてもべたつき気になる方は、夏用のスキンケア用品に変えてみるのもいいかもしれません。


花想容は、植物性の保湿成分“サクラン”という成分が含まれており、
保湿力はヒアルロン酸のなんと5倍。

冬はもちろん、夏のインナードライ肌にも、しっかり潤いを届けてくれますよ。

information

2021.1.26

-バレンタインギフトキャンペーン-

下記の期間中、ラッピング費用が無料になります。

1月26日(火)~2月14日(日)

バレンタインのギフトに、ぜひ花想容のプレゼントをご検討ください。

ショッピングカート
Copyright ©花想容の『マーキュリー製薬オンラインショップ』 All Rights Reserved.